シャンプーで頭皮環境を改善するコツは・・・

 

シャンプーとは髪を発毛させるものではなく、頭皮環境を整えるのが目的なのです。

育毛のためには頭皮を正常にすることが先決であり、健康な頭皮を維持すれば髪は元気になります。

薄毛の前兆として抜け毛増加、頭皮環境の悪化などがあり、以前と頭皮状態が変化していると感じたら注意が必要でしょう。

特にオイリーや縮れ毛が気になるようになったら、AGAの前触れかもしれません。

シャンプーで頭皮を元気にするためには、アミノ酸系がおすすめです。

アミノ酸がたっぷりと含まれており、髪を毛根から元気にしてくれるのです。

食事からも髪の栄養は補給できますが、シャンプーをアミノ酸系に変えればなおよいでしょう。

頭皮環境を健全にするためには炎症を防ぐ必要があるので、洗髪するときには決して爪を立ててはいけません。

爪でゴシゴシしても、毛穴の内部の汚れが取れることはありません。

毛穴をスッキリとキレイにするためには、モコモコの泡を作る必要があるのです。

泡の多さが洗浄力につながりますから、クリーミーな泡ができるまで泡立ててください。

専用ネットがあれば理想ですが、ない場合は手のひらで泡立ててから頭皮に持っていきましょう。

頭皮環境が乱れている方は、かなりの確率で敏感肌になっています。

これを解消していくためには、低刺激タイプのシャンプーを使用するべきでしょう。

高刺激タイプほど肌に刺激を与えるので、肌が弱いとヒリヒリします。

ヒリヒリが継続するとバリア機能が低下し、さらにダメージを受けやすくなるのです。

頭皮を元気にすることが抜け毛予防・育毛の第一歩となりますから、強すぎるシャンプーの使用は控えましょう。

確かに強力な洗浄力があるほど清涼感・スッキリ感がありますが、頭皮にとってよいとは限りません。

頭皮を安定させるためには、アミノ酸系シャンプーを3ヶ月程度使用してみることです。

肌質はすぐには変えられないので、時間をかけて改善していく必要があります。

市販のシャンプーで頭皮が弱ってしまった場合は、アミノ酸系に乗り換えるべきでしょう。