乱れた生活習慣が薄毛、抜け毛を促進する!

 

薄毛、抜け毛などの髪の悩みは男性ばかりと思いがちですが、今は、髪の悩みを抱える女性が急増しているようです。

しかし、薄毛や抜け毛が起こる原因は男性と女性では違います。

男性の薄毛の場合はAGAと呼ばれる男性型脱毛症がほとんどで、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが毛母細胞の増殖を抑えて髪の成長を止めてしまうことが原因です。

女性も、閉経を迎える45~55歳くらいの更年期になると、女性ホルモンが低下することで、男性ホルモンが優位に働くようになって、男性と同じような脱毛症を発症することがありますが、基本的に女性の場合は日頃の生活習慣が大きく影響しているようです。

ようするに、男性の脱毛症は生まれながらの遺伝的な要因が強く、一方、女性の場合は、睡眠不足、栄養バランスが偏った食事、間違ったヘアケア、タバコ、アルコールの摂り過ぎ、ストレスなど、日頃の生活習慣の中に脱毛症の要因があるというわけです。

特に近年は、薄毛や抜け毛の悩みを抱える若い女性が増えています。

この原因は、会社勤めで忙しい毎日を過ごしているせいで、睡眠不足や乱れた食事という不規則な生活になり、さらに、仕事や人間関係のストレスが溜まるということなどが挙げられます。

また、タバコのニコチンは血管を収縮させて血流を悪化させ、アルコールは大量に摂取するとビタミンやミネラルが多量に消費され、その結果、髪を作る毛母細胞まで酸素と栄養が行き渡らなくなって髪の成長がストップすることになります。

ですが、薄毛、抜け毛対策を考えた場合、男性は遺伝的な要因が強いので改善するのは簡単ではありませんが、女性の薄毛、抜け毛は、今までの生活習慣を見直して、規則正しい生活を送ることができれば比較的改善しやすいと言われています。

そして、髪が育ちやすい頭皮環境に整えるヘアケアも同時に必要です。

頭皮を清潔な状態に保ち、ある程度の潤いを与え、血行の良い頭皮環境を作ることが大切です。

もし、フケが多かったり、痒みがある場合は、刺激の少ないアミノ酸系のシャンプー(花しゃん)に変えてみましょう。

また、育毛剤を使用する時も、購入する前にしっかりと配合成分を見て、自分の頭皮にダメージを与えるようなものが含まれていないかを確認しましょう。