背中にできるニキビの原因は・・・

 

ニキビは顔だけにできるものと思い込んでいる方は多いのではないでしょうか。

ですが、ニキビは顔以外に、背中や胸、お尻などにもよくできて、実際に背中にブツブツと赤いニキビがたくさんできて水着や背中の空いたドレスなどが着れなくて悩んでいる女性は大勢いらっしゃいます。

もともと背中や胸の肌は皮脂線が多く、ニキビができやすい部位なのですが、その他にも原因がいくつか挙げられます。

その中の一つに、髪を洗う時に使用するシャンプーやヘアコンディショナーの成分があります。

シャンプー剤は頭皮や髪の汚れを落とすために、合成界面活性剤が含まれている商品が多くあり、非常に洗浄力が強く作られています。

これが、顔や背中、胸の肌には、かなりの負担になり、ニキビ発生の原因になります。

さらに、ヘアコンディショナーは髪の毛をコーティングする成分が含まれており、これが肌に付着すると肌をコーティングして毛穴を塞いでニキビ発生の原因を作ったり、皮膚呼吸を妨げるなどの悪影響を与えます。

このようなことから背中や胸のニキビを予防し、改善するには入浴時の洗い方にも気を使わなければなりません。

まずは、洗髪を終えてシャンプーやヘアコンディショナーを洗い流す時は上半身を反らすか、横に傾けるなどしてできるだけ顔や背中、胸にかからないように行いましょう。

さらに、シャンプー、ヘアコンディショナーを終えてから、顔、体という順番で洗えば、もし、顔や体にシャンプーやヘアコンディショナーが付着しても、きれいに洗い流すことができます。

そして、背中を洗う時の注意点ですが、ブツブツとニキビができていると、つい気になってボディブラシや硬いナイロンタオルでゴシゴシと強く擦ってしまい、その結果、ブツブツと盛り上がったニキビが取れてきれいになった気分になりがちですが、このような行為は絶対に避けてください。

強く擦ったことで傷になり、そこから炎症すると、なかなか消えないニキビ跡やシミになってしまいます。

背中を洗う時は柔らかい綿タオルを使い、できれば油分の多いボディソープなどではなく余分なものを含まないシンプルな固形石鹸のほうが安心です。

また、ボディクリームを使用している方はニキビのところは避けて、衣類もポリエステルを多く含んでいたり、レースやラメ入りの素材など、ザラザラしてニキビを刺激するものはできるだけ控えるようにしましょう。

そして、運動している時や睡眠中は、背中もたくさん汗を掻きます。

そんな時は汗をきれいに拭き取ってシャツを着替えるなどして、常に清潔な状態の肌を維持するように心がけましょう。