食事のスタイルを改善して痩せるダイエット!

 

ダイエット法にはさまざまな手法がありますが、そのメインは運動によって消費カロリーを増やして痩せるというものです。

実際に、早朝から街の中をウォーキングやジョギングしている人をよく見かけますし、スポーツジムなどに通って筋力トレーニングやエアロバイクに乗って有酸素運動に励んでいる人も多くいらっしゃいます。

しかし、いくら効果的な運動を行って消費カロリーをアップしても、それ以上に普段の食事でカロリーを多く摂取していては何の意味もありません。

ですので、運動を行う前に、しっかりとした食事コントロールが必要になります。

痩せるためには、1日あたりの総摂取カロリーを上回るように総消費カロリーを高めればいいわけですが、だからと言って、無理に食事制限して摂取カロリーを抑えても、なかなか思うようには痩せられません。

そんなに人間の体は単純ではないということですが、そもそも食欲を我慢して無理な食事制限を続けると、ストレスが溜まって、結局は、その反動でドカ食いや暴飲暴食することになって逆に激太りすることになります。

こういう経験をしている人は少なくないと思いますので、できるだけ食事量を減らさず、適正量を維持しながら食事スタイルを改善する方法を考えてみましょう。

例えば、一時流行りましたが、血糖値コントロールダイエットです。

太ってしまう原因の一つに血糖値の急な上昇があります。

そこで、お腹が空いた状態から急に血糖値が上がらないようにする食事の仕方があります。

それは、食べる順番を考えることと、よく噛んで時間を十分かけて食べることの二点です。

食事するときは、まず最初にメインディッシュについ手が進んでしまうという人が多いようですが、メインディッシュになる肉や脂っこい食材などの油脂を多く含むものは血糖値を急上昇させる常習犯です。

高級レストランのフルコースのように、まずは野菜などの食物繊維を摂取し、落ち着いたところでスープを飲み、白米やパン、そして肉や魚などのメインディッシュというような流れで食べるようにすると血糖値の急上昇を抑えることができ、食べ過ぎもなくなります。

また、時間をかけてよく噛んで食べることで、脳の満腹中枢が働いて、そんなに食べてなくても満腹感を得ることができます。

この二つを実践するだけでもかなりの効果がありますが、さらに、いろいろと工夫すればより効果的な食事スタイルを作ることができます。

そして、積極的に運動を加えれば理想的なダイエット法になります。